プラスチック加工

現在の私達の暮らしに最も近い素材としてのプラスチック。
日常的な消費財から最先端技術の分野にまで広がるその応用範囲の広さは、他の追随を
許しません。では、この素材がこの様に私達の文明や文化にとって必要不可欠なものと
なった理由は何でしょうか。ひとつには素材の特性の素晴らしさです。水、薬品に強く、
軽くて丈夫。そして石油を原料とするため安価で、しかも、
特性のコントロールが可能であること。しかしこうした材
質としての良さだけではプラスチックは私達にとって、こ
れほどにも重要な存在とはならなかったかも知れません。
プラスチックの価値を決定づけたもの、その最大の要素は
成形技術の確立であったと私達は考えます。金型に素材を
注入し、思いどおりの形状を得ること。技術の進歩によっ
てそれがどのような複雑な形状であっても、
「同じものを迅速に大量に生産することを可能にした」
この生産技術なくしては、現在の文化そのものも、
少し違ったものになっていたのではないかと考えます。

製造

短い納期で低コストな生産。 これは生産を行う全ての事業にとって命題です。
しかしそれを実現するためには、経済の裏付けと技術的裏付けが必要です。
私どもがそのために行っているひとつが、最新設備のいち早い導入です。
射出成形の技術的進歩は著しく、新しい生産システムは生産効率を飛躍的に向上させます。
                   省エネ、自動化を推進することで、長時間の連続操業
                   を可能にし、さらに環境への充分な配慮を行うことで
                   クリーンな高速生産を実現しています。また製品の配
                   送についても、事務処理のコンピューター化と自社大
                   型トラックによる迅速なデリバリーで正確さと確実性
                   を高め、常にお客様の要求にお応えできる体制作りを
                   行っています。

品質

福田工業にとって、より高い次元での品質の安定化は
絶えることのない重要な課題です。極めて大量に生産
することの多いプラスチック製品にとって、品質のバ
ラツキは大きな問題です。たとえそれが許容される範
囲であってもその安定さを少しでも小さくすることが、
プラスチック製品・部品の活用の場を広げるものとな
ると考えるためです。
こうした生産管理を支えるものとして私どもの取り扱い素材の幅広さがあります。
PP、PE、PS、PC、PVC、ABS、ASなど、それぞれの素材に対応する技術は異な
り、こうした技術の蓄積が独自のノウハウとなります。
”最新の生産システムに高度なノウハウ”これが当社の製品開発と生産管理の基本です。

製品

毎日の生活の中で目にするプラスチックの製品と言えば、
何が思い浮かぶでしょうか?
もしかすると何も思い浮かばないかも知れません。
なぜなら、身のまわりにある物のほとんどが合成樹脂を
主体とした製品でかたち作られているからではないでしょうか。
まさにプラスチックの文化。私どもの生産品目は、
こうしたプラスチック製品のほとんどの分野に広がります。
家電やステーショナリーの小さな部品から、
日々の暮らしのに欠かせない様々な日用品。
さらには公害防止のための文化的で健康的な生活を支える
製品が全国に向けて発送されています。